③再エネ電力調達

a.再エネ小売り電力

■選択のポイント

  • 電力会社切替に伴うリスクについて
    • 電力会社を切り替えても電気そのものの品質や信頼性(停電の可能性)は変わりません。
    • 電力会社の倒産や事業撤退があれば、予定した再エネ電力の調達量や価格に大きな影響が出ます。
    • ただし、契約した電力会社が万が一倒産した場合でも電力供給が止まることはありません。新たな供給元が見つかるまでの間は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等)の提供する最終保障約款で電力供給が継続いたします(料金は通常料金よりも割高になる場合があります)。
  • 電力価格について(上限価格の有無、調整費、市場連動価格等ついて)
  • 契約内容に関しての確認(契約期間、解約時の違約金等の発生等)
  • 再エネ電力の調達先と量は大丈夫か
  • 新電力会社のビジネスモデルに課題はないか
  • 小売電力や証書がRE100または再エネ100宣言RE Actionの技術要件に適合するか

[ 動画掲載準備中 ]

b.PPA

■選択のポイント

  • PPAの契約内容(契約期間と契約終了後の扱い等)
  • PPA事業者の事業継続性
  • RE100や再エネ100宣言 RE Actionの技術要件に適合するか

[ 動画掲載準備中 ]

c.再エネ証書

■選択のポイント

準備中

[ 動画掲載準備中 ]

d.アグリーゲータ

■選択のポイント

準備中

[ 動画掲載準備中 ]

e.その他

■選択のポイント

準備中

[ 動画掲載準備中 ]